ユニットバスの智恵袋〜大きさ・種類・機能・メーカーなど〜Top >  ユニットバスの基本 >  ユニットバスの大きさ

スポンサードリンク

ユニットバスの大きさ

ユニットバスと一概に言っても、様々な大きさがあります。
日本家屋では昔ながらの尺貫法【しゃっかんほう】というのが基本になって作られています。

ユニットバスの基本?尺の大きさの見方覚えましょう。
@1尺(いっしゃく)     =  300.3ミリ = 10寸(すん)
A3尺(さんじゃく)     =  910ミリ
B4.5尺(よんしゃくごすん) = 1,365ミリ
C6尺(ろくしゃく)     = 1,820ミリ
D7.5尺(ななしゃくごすん) = 2,275ミリ
E9尺(きゅうしゃく)    = 2,730ミリ

大きさを見てみるときは、コレを基準にしてね。

次に、ユニットバスの大きさというのは【坪】で考えるんです。
ユニットバスの大きさは、縦と横の大きさから決まるようになっている。
縦か横、一方が6尺だとして、もう一方が4.5〜9尺までに対応します。
この大きさを「○○坪タイプ」というように分類分けされれいます。
(1坪というのは、畳2枚分の大きさと同じです。)

1坪タイプ  :6尺×6尺
1.25坪タイプ:7.5尺×6尺
1.5坪タイプ :9尺 ×6尺
0.75坪タイプ:4.5尺×6尺

タイプの見方は上の大きさが目安です。

1坪タイプのユニットバスが一般的な大きさです。
正方形の形だと構造的にもプラン的にもプランニングし易いんですよね。
1坪より小さな0.75坪タイプは、かなり窮屈な感じがします。
1.25坪は家族向けタイプで、広い洗い場が使いやすいです。
1.5坪ともなると、セレブな感じの広いお風呂場になります。

トステム,TOTO,INAXなど、どのメーカーにしても、
この「坪タイプ」を知っていると、カタログなんかを見ててもイメージしやすいですよ。

関連エントリー

ユニットバスの智恵袋〜大きさ・種類・機能・メーカーなど〜Top >  ユニットバスの基本 >  ユニットバスの大きさ

スポンサードリンク