ユニットバスの智恵袋〜大きさ・種類・機能・メーカーなど〜Top >  ユニットバスの基本 >  ユニットバスの浴槽の種類

スポンサードリンク

ユニットバスの浴槽の種類

ユニットバスの中の、浴槽をクローズアップしてみましょう。
浴槽の形状・材質などの種類を紹介します。

自分の好きな形状、思い描くイメージ、体にあった大きさ、毎日大変なお手入れ方法、
懐に合った価格など、自分の条件に照らし合わせて選びましょう。

今回は、浴槽の形状について掘り下げてみましょう。
大体のメーカーに【和式・洋式・和洋折衷】の大きく分けて3タイプある。
ショールームにいったりすると分り易いですが、形状ごとに特徴があります。

@和式 80〜120cm程度×60cm程度(幅×高さ)
  深さがあって、膝を曲げて入浴するタイプ。
  肩まで湯船につからなきゃって方にはおすすめです。小さめのユニットバスで使用します。

A洋式 120〜 180cm程度×45cm程度(幅×高さ)
  深さが浅め、幅が長いタイプ。浴槽に体を伸ばした姿勢で入浴するタイプ。
  ある程度の広さがあるユニットバスに適しています。

B和洋折衷式 110〜160cm程度×60cm程度(幅×高さ)
  最近の主流の肩までつかれる深さに、ある程度体を伸ばして入浴出来るタイプ。
  和式と洋式の折衷型。和洋折衷良いトコ取りのタイプです。

C上記以外にも円形だったり、やたら大きなもの、バリアフリー対応のものなど、
カタログを見てると様々な仕様があって楽しめます(笑)

最後に浴槽の材質については、ざぁっとご紹介↓
人造大理石・FRP・ステンレス・ホーローなどが主流。
FRP(強化プラスチック)が懐にも優しく、良いさわり心地で人気があります。
近頃、人造大理石のカラーバリエーションが増えて、人気が上がってきているそうです。

関連エントリー

ユニットバスの智恵袋〜大きさ・種類・機能・メーカーなど〜Top >  ユニットバスの基本 >  ユニットバスの浴槽の種類

スポンサードリンク