ユニットバスの智恵袋〜大きさ・種類・機能・メーカーなど〜Top >  ユニットバスのお手入れ >  ユニットバスのお手入れ基本

スポンサードリンク

ユニットバスのお手入れ基本

ユニットバスを快適に使いたいし、より長持ちさせるには、日々の手入れが欠かせないです。
最近のユニットバスは様々なコーティングで汚れがつきにくくされていたり、手入れが楽なユニットバスが多いです。だからと言って掃除を全くしいで良いなんて訳はありません。湿気が常に高い場所なんで換気はこまめに必要だし、窓無しのユニットバスも多いんで、換気扇を有効に使って長持ちさせましょう。

湿気と湿度は、カビの基。更に石鹸カスとか栄養が豊富で、浴室にカビはつき物なんです。放っておくと爆発的にカビが生えます。不衛生ですし、良いわけないですよね(笑)。浴室換気乾燥機は、カビ予防にも、冬には浴室を暖めるという効果もあって、相当役立ちます!

ユニットバスの床は汚れやすいです。最近のユニットバスは、水分がスグに乾いてしまう材を使っているモノもあります。転倒防止にもなります。床に水滴が残らないと言う事は、カビの繁殖を抑える効果も期待できます。掃除が楽になりますし、カビを除去するストレスからも解放されますよ。

排水溝の手入れはマメにしましょう。髪の毛やゴミが溜まると詰まってしまう事もあります。排水溝の上にゴミをキャッチする皿を置いて、毎日捨てる癖をつけると後々楽です。

様々な材質の進化で、汚れが付きにくく進化しているユニットバスですが、従来どおり毎日お風呂掃除をする気概で望めば、より一層長持ちして、気持ちの良いバスタイムを送れます!

 

関連エントリー

ユニットバスの智恵袋〜大きさ・種類・機能・メーカーなど〜Top >  ユニットバスのお手入れ >  ユニットバスのお手入れ基本

スポンサードリンク